2006年12月10日

着エロ

今にしてみると宮沢りえや田村英里子はこの路線の始祖だったとの説がある。

少なくとも肌の露出が当たり前の時代に、いかに付加価値を見出すか?
脱がない方がいやらしいならば裸の方が恥ずかしいことになるが、かと言っていきなりヌードというのは抵抗がある、と言った哲学的な問題をはらむ。

要するにセミヌード、である。




ラベル: ちゃ 着エロ
【関連する記事】
posted by 山田太郎 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | た〜と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。