2007年07月23日

猪瀬直樹

現在は自民党お抱え作家であるが、昔は自民党大勝の選挙結果に、「こんな低レベルな国民じゃ…」と口ばしったのは有名。

地方分権の委員会だったり東京の副知事だったり権益に目がない。




偽りのノンフィクション作家 猪瀬直樹の肖像


ラベル:いの 猪瀬直樹
【関連する記事】
posted by 山田太郎 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(3) | あ〜お | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された
Excerpt:  井沢は91年1月に『言霊』を刊行し、同年末から本シリーズの週刊誌連載をスタートさせた。これには当然、89年の冷戦終結宣言から91年のソ連解体への流れを意識した唯物史観批判の含意が推測される。そもそも..
Weblog:
Tracked: 2007-10-24 11:11

日本国の研究 (文春文庫)
Excerpt:  かつて、小室直樹氏は、ソ連崩壊を予言したその著書『ソビエト帝国の崩壊』の中で「ソ連軍は、巨大な国鉄である。」と書いた。ソ連軍は効率が悪い親方共産党の組織で、その実力は意外に低く、破綻寸前の組織だと言..
Weblog: ノンフィクションがすごくよかった
Tracked: 2008-01-31 18:14

作家の誕生 (朝日新書48) (朝日新書 48)
Excerpt: 国語の教科書に載っている夏目漱石の『こころ』はちっとも面白くなかった。でも名著と言われているのだから仕方がない。試験に出るから「先生」の気持ちを理解したフリをしなくては……。あれっ、猪瀬さんもそこに「..
Weblog: ノンフィクションを攻める
Tracked: 2008-02-10 00:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。